HOME > Blog > 承認力と言えば、鴨頭嘉人さん!

ブログ

Blog

承認力と言えば、鴨頭嘉人さん!

2020.12.12 Blog

私は鴨頭嘉人さんが大好きです。

鴨頭さんは、日本初のYoutube講演家であり、チャンネル登録者が100万人を超える有名人です。

リーダーはどうあるべきか?仕事とは?家庭とは?人生とは?

とても説得力のあるトークで、有益な情報をバンバンまき散らしてくださっています。

私も、まき散らされた情報を浴びて、刺激を受けている視聴者の一人です。

そんな数多くのテーマで講演をしていらっしゃる鴨頭さんの、デビュー当初の1本は何度聞いても感動します。

鴨頭さんのマクドナルド時代のエピソード

その1本の講演とは、マクドナルドで働いていた時の体験談。

店長としての失敗と、それを乗り越えた成功についてです。

その話の根底には『承認力』があります。

「失敗」の時期には、従業員に“できていない事へのダメ出し”ばかりをしていたそうです。

そのうち、従業員はやる気をなくし、

次第に、従業員から無視をされはじめ、

ついには、ご本人も出社恐怖症になったそうです。

そして「成功」の時期には、“ダメ出し”をやめ、代わりに『承認力』を発揮されたそうです。

具体的には以下の3つ。

①目的を共有する

マクドナルドの従業員は、そのほとんどがアルバイト生だそうです。

まずは、彼らや彼女らがアルバイトをする目的(例えば「社会勉強」「家計の助け」「お小遣い稼ぎ」など)を聴き、それを応援したそうです。

そして、お店の目的(お客様の満足度を上げること)への協力をお願いしたそうです。

“あなたは仲間だ”という承認ですね。

②提案を肯定する

目的を共有したアルバイト生から「店長、〇〇をやったほうがいいと思うのですが」と提案されたら、どんなアイデアでも「いいね!やってみて♪」としか言わなかったそうです。

“あなたを信じている”という承認ですね。

③フィードバックする

提案し、実行してくれたアルバイト生には、必ず「〇〇くん(○○ちゃん)!キミのおかげで、先月のうちの店の売上、これだけ増えたよ!」とフィードバックしたそうです。

“あなたに感謝している”という承認ですね。

 

マクドナルドのお店は、日本に約3000店舗あります。

この3つの承認を繰り返しているうちに、社内評価が最低だったお店は、日本一に躍進したそうです。

お店を日本一に導いたのは、まぎれもなく『承認力』だなぁ、とこの講演を視聴する度に痛感します。

≪関連記事≫承認力とは

≪関連記事≫承認力と洞察力(聴く力)の親密な関係♡

© 2020 GEN Consulting Inc.