HOME > 承認の職場づくり研修

承認の職場づくり研修について

Approval training

承認とは?

承認とは「"善し"として認めること、受け入れること」です。人は誰でも「認められたい」という承認欲求を持っています。
承認欲求が満たされると3つの自己○○感が上がります。

認められたい こんなに頑張っているのに
自己肯定感
自分には価値がある、存在する意義があるという感覚
自己効力感
自分には物事を成し遂げる力があるという感覚
自己有用感
自分は周りの人の役立っている、貢献しているという感覚

3つの自己〇〇感が上がると

  • 社員は、幸せを感じ、活き活きと働けるようになります。
  • 社員は、自信を持ち、自発的に考えて行動できるようになります。
  • 社員は、意欲的になり、周りの人(社内、社外、顧客)に貢献しようとします。
承認で満たされる図

職場において「承認」とは、その人の個性、能力、行動、成果、成長、将来の可能性などを伝え、
本人を勇気づけることです。
承認は、上司→部下だけでなく、同僚→同僚や部下→上司にも有効であり、とても大切なこと
です。

効果① モチベーションアップ

公益企業A社で約200人を対象に実施した調査では、上司から承認された人は、承認されなかった人に比べて仕事に対するモチベーションが上がることが証明されています。

P<0.05
nは調査人数、pは被験者内効果の有意確率
縦軸はモチベーションをあらわす合成尺度の平均値
太田肇氏の著書「承認とモチベーション(2011年)」をもとに作成

効果② 業績アップ

保険会社S社で38チーム(約650人)を対象に実施した調査では、管理職が部下を積極的に認めたり褒めたりしたチーム(Aグループ)と、それまで通り特別なことをしなかったチーム(Bグループ)との間に、顕著な成績の差が生じています。

P<0.01
nは調査人数、pは被験者内効果の有意確率
縦軸は一人あたりの平均月間契約件数
太田肇氏の著書「子どもが伸びる ほめる子育て(2013年)」をもとに作成

嬉しい成果「承認の職場づくり」
研修のビフォー&アフター

BEFORE
  • 職場が単なる「作業空間」になっている。
    • 社員同士の批判や陰口が多い。
    • 新たな挑戦や自発的な行動に対して、否定的な雰囲気がある。
    • 社員のエンゲージメントが低い。
AFTER
  • 職場が「承認空間」に変わる。
    • 受講した社員が、“承認”を理解し、他者を承認できるようになる。
    • 組織として、承認し合える雰囲気が醸成される。
    • 社員のエンゲージメントが上がる。

※エンゲージメントとは:会社や仕事に対する愛着心、思い入れ。

「承認の職場づくり」研修の概要

リーダーコーチング(2時間)
対 象経営者、リーダー
承認研修(5時間)
対 象職場メンバー
(経営者、リーダーを含む)
職場での実践(約1ヵ月)
対 象職場メンバー
(経営者、リーダーを含む)
フォロー研修(3時間)
対 象職場メンバー
(経営者、リーダーを含む)

※ご要望により承認研修(含むリーダーコーチング)のみの単独実施にも対応いたします。
※社内講師のオプションを選択された場合は、事前に育成プログラムがあります。

リーダーコーチング(2時間)
ダミー

対象者は経営者、職場リーダーのみで、承認研修の事前(別日)に行います。
※承認研修とセットであり、切り離しは不可です。
職場のキーパーソンは、何と言っても経営者(職場リーダー)です。
先ずは経営者(職場リーダー)と面談し、職場を承認空間に変えるための心構えをして頂きます。

オプション社内講師の育成(3時間)
ダミー

承認研修の講義の一部(約20分間)を、社内講師に実施して頂くためのプログラムです。
講師候補者(御社の社員)に、講義内容とプロの講師テクニックについて、事前レクチャーを行います。
社内講師が講義を成功させ、受講生(他の社員)から承認されることで、「承認の職場づくり」が加速します。

承認研修(5時間)

職場メンバー(経営者、職場リーダーを含む)向けの承認力アップ研修です。
承認の正体とその効果を知り、個々の承認力を高めていただくことで、職場を承認し合える空間に変えていきます。
2種類のカード(承認カード、持ち味カード )を使ったワークやロールプレイングを織り交ぜた、実践型の研修です。

承認の第一歩「持ち味探し」

カードを使った研修

承認の第一歩は、「自分を知り、相手を知る」こと。
誰もが持っている個性(=持ち味)を、カードを使って引き出し、お互いに認め合います。
メンバーから認められることで、「自己肯定感」「自己効力感」「自己有用感」が増すこと(承認の力)を体感して頂きます。
同時に相手の持ち味を発見する訓練にもなります。

使用する承認カード、持ち味カードとは?
承認カード
本研修では、承認に関する理論と実証研究に基づいて製作された「承認カード®」(同志社大学政策学部教授 太田肇氏監修)を活用します。カードを使うことで、ゲーム感覚で楽しく承認について学ぶことができます。
持ち味カード
承認に欠かせない”持ち味”探しには、持ち味カードを活用します。持ち味とは個性のことです。日常業務の中ではなかなか認識しづらい十人十色の個性を、カードを使って浮き彫りにします。

承認の意義と効果について

「承認とは何か?」「なぜ承認は必要なのか?」「承認することでどんな効果が表れるのか?」を講義形式でお伝えします。
承認の大切さを論理的に理解して頂き、「周りの人を承認したい」という意欲を醸成します。

承認力チェックとグループワーク

カードを使った研修

参加者の現時点での承認力を、カードを使ってチェックし、数値化します。
承認において「得意なジャンル」「苦手なジャンル」を“見える化”し、グループワークでお互いに共有することで、承認し合える雰囲気を醸成します。

承認のやり方(ポイント)について

「承認って、どうすればいいの?」「いきなりは難しい…」といった疑問や不安に対して、すぐに使える具体的な手法を「初級編」「中級編」「上級編」の段階に分けてお伝えしていきます。
≪承認のポイント≫
上から目線ではなく、横から目線で!
自分の価値観ではなく、相手の価値観で!
YOUメッセージではなく、Iメッセージで!

承認ロールプレイング

前項の承認のやり方(ポイント)をもとに、ロールプレイングを行い、承認すること(されること)を体験して頂きます。
承認の言葉を「声に出す」「受け取る」ことを通じて、研修後の職場(日常)での実践を後押しします。

職場(日常)での実践(約1か月)
ダミー

研修で得たスキルをどんどん使て、承認を実践して頂きます。
職場(日常)では、「うまくできたこと」だけでなく「うまくできなかったこと」もあるかと思いますが、それぞれの経験がそれぞれの学びになります。
実践を繰り返し続けることで、承認という風土が根付き、職場に活気があふれます。

フォロー研修(3時間)
現場での「承認」の実践結果の共有
職場(日常)での実践を通じて、得られたこと、学んだこと等をグループワークにて共有します。
「関係の質」「思考の質」「行動の質」の向上の確認
承認の効果について「関係」「思考」「行動」の3つの視点で検証することを通じ、個々の承認力の向上を図ります。
承認の更なる理解と定着
講義形式で承認への理解を更に深めて頂きます。
また、研修後もメンバーがお互いに承認し続けること、職場が承認空間であり続けることを定着させます。

「承認の職場づくり」研修の
料金等

承認研修(リーダーコーチングを含む)
対 象 経営者、役職者、一般社員、新入社員 
※職場メンバー全員での参加が最も効果的です。
形 式 講義+カードを使ったグループワーク 
※1グループ4名で、1回の研修につき最大6グループまで。
時 間 5時間
費 用 講師料 30万円(税別)
テキスト @500円(税別)×受講人数
承認カード @3,000円(税別)×受講人数
持ち味カード @3,000円(税別)×受講人数
(オプション)社内講師の育成 5万円(税別)
※講師料には事前のリーダーコーチングが含まれます。
※交通費、宿泊費は別途実費にてお願いいたします。
フォロー研修
対 象 経営者、役職者、一般社員、新入社員 
※承認研修を受講した方が対象です。
形 式 講義+グループワーク 
※1グループ4名で、1回の研修につき最大6グループまで。
時 間 3時間
費 用 講師料 20万円(税別)
※交通費、宿泊費は別途実費にてお願いいたします。

© 2020 GEN Consulting Inc.