HOME > Blog > 承認力と洞察力(聴く力)の親密な関係♡

ブログ

Blog

承認力と洞察力(聴く力)の親密な関係♡

2020.12.19 Blog

“上司の承認力が高いと、部下がやる気を出して働いてくれるようになる”

それは何となく理解できる。

でも、今までそんなことしたことないから、急には変われないよ。。。

しかも、急に「〇〇さんの、〇〇なところ、いいね!」なんて言うと、部下から「え~!?何、急に。気持ちわるっ!」と思われるかも。。。

 

やっぱり抵抗がありますよね。

ムリに承認しようとすると、うわべだけになってしまい、逆に信頼を失う可能性もあります。

「私は承認力が低いから無理だ」と諦めかけてる方へ。

大丈夫です!

承認力は鍛えることで向上します。

 

では、どうやって鍛えるのか?

ポイントは『洞察力』です。

承認力は、振り子の原理と一緒です。

インプットが大きければ、アウトプットも大きくなり、

インプットが小さければ、アウトプットも小さくなります。

インプットが無ければ、アウトプットはできません。

承認するための情報が無ければ、承認はできないんです。

つまり承認力を鍛えるためには、承認するための情報を集める力=インプットする力=『洞察力』が不可欠なんです!

 

今回は、洞察力の中でも最も大事な能力の一つ、『聴く力』に絞って書いてみたいと思います。

ちなみに「聞く力」ではありません。

「聞く」と「聴く」の違いは、音を認識する時の“意識の仕方”にあります。

・自然に音が耳に入ってくる場合は「聞く」

・音や、音が持つ意味を認識しようと注意して耳を傾ける場合は 「聴く」

(参考:weblio辞書-実用日本語表現辞書)

「聴」という漢字は、左側の「耳」という偏と、右側の「十、四、心」という旁で成り立っており、右側の旁は「まっすぐな心」を表すそうです。

「聴く」とは、「耳を傾けて、まっすぐな心でよくきく」ということなのですね。

 

話は分かった。

じゃあ、具体的に何をすればいいの?

そんな質問が聞こえてきそうです。

答えは“あいづち”です。

・「うん、うん」「おー」「なるほど」などの言葉のあいづち

・目線を合わせる、口角を上げる、うなずくなどの顔のあいづち

・身体を向ける(手や足は組まない)、前のめりになる、メモをとるなどの身体のあいづち

まずは、これらを丁寧に行っていきましょう!

少しくらいオーバーにやった方が効果的です。

また、あいづちが難しい場合(否定や反対の気持ちが生れる時)もありますよね。

そんな時は、

・「興味深い考え方だね」「新しい視点だね」「〇〇さんならではだね」

といった言葉を使うといいと思います。

 

良い“あいづち”は、相手の“聴いてもらえている感”を高めます。

“聴いてもらえている感”が高まると、相手はどんどん自己開示をしてくれるため、承認するための情報をたくさん出してくれます。

また“あいづち”は、それ自体が相手への承認にも繋がります。

結果的に、相手との関係が良くなりますね。

 

『聴く力』を意識することは、洞察力を高め、承認力を向上させ、人間関係を良くする秘訣です!

Category
Archive

© 2020 GEN Consulting Inc.